セックスレスに悩んでいるのは夫婦だけかと思われがちですが、
同棲をしているカップルでも
セックスレスに悩んでいる人たちがいるんですよ。

一般的な見方をすると同棲をしているカップルなら
頻繁にセックスをしてそうですが、
実際に長く同棲をしていると夫婦のような関係になってしまい
セックスレスになってしまうんだそうです。

同棲カップルのセックスレス、男性側の問題

・付き合いたての頃よりもムード作りが雑になっている

女性は男性よりもセックスをする際のムードを大事にします。

たとえ長く同棲をしている彼氏だとしても
ムードは大事にして欲しいと思っているのですよ。

布団に入ってすぐセックスでは彼女に嫌われてしまいます。

アロマでリラックスできる香りがする寝室を作ったり、
部屋の照明を少し落とすなどといったムード作りをサボらないようにしましょう。

・家事は全て彼女に任せている

彼女も働いているのに、家のことは全て彼女に任せてしまっている。

これでは彼女にセックスをしたいと思う
体力的な余裕がなくなってしまいますよ。

夫婦同然の暮らしをしているからといって
全ての家事を彼女に任せていてはいけません。

家事の分担をして彼女の負担を少しでも軽くしましょう。

体力的、精神的余裕が生まれれば
自然とセックスがしたくなるはずです。

同棲カップルのセックスレス、女性側の問題

・彼を束縛しすぎている

早く結婚がしたい。

家に帰ってくるのが遅い。

全然話を聞いてくれない。

彼女としては当然の要求かもしれませんが
あまりに度が過ぎると彼も疲れきってしまいます。

結婚がしたいという気持ちは男性にだってもちろんありますが、
女性にしつこく迫られては
結婚したいという気持ちも薄れてしまいます。

仕事で仕方なく残業をしているのに
帰宅が遅いと責められては男性が可哀想ですよね。

同棲カップルだからこそ相手をいたわる気持ちが大事です。

彼の疲れを癒してあげれば
セックスがしたいという余裕が生まれることでしょう。

・彼の前で『女』を捨てている

同棲する前はスッピンだって見せたことがなかったのに
今ではスッピンでいることの方が多いくらい。

毎日家でもメイクをしていなければいけないという事はもちろんありませんが、
最低限の身だしなみを整えておくことは必要ですよ。

長く同棲をしているとセックスレス問題に悩む可能性が非常に高くなります。

同棲カップルがセックスレス状態にならない様にするには、
日頃からお互いが努力をする事が大事なんですよ。

いつまでもパートナーを異性として見ることは
円満な夫婦でいる為に最も重要な事と言えるでしょう。

たとえセックスをしない年齢になったとしても
若いうちからセックスレス状態になった夫婦と
セックスレスに悩んだことのない夫婦とでは
離婚率にも違いが出てきます。

夫婦がお互いに納得をしてセックスレスになった場合は除きますが、
セックスがしたくないという一方的な気持ちだけで
セックスレスになってしまった場合は
相手の浮気を疑ったりしてしまいますよね。

夫婦間に疑惑が生じるということは
夫婦の仲を引き裂くには十分の出来事です。

「セックスを拒否しているから浮気をされるかもしれない…」という考えが発展して

「浮気をしている人とはセックスを二度としたくない」という考えになる可能性もあります。

セックスは絶対にしなくてはいけない行為ではありませんが
夫婦が円満でいるには必要な行為とも言えるでしょう。

セックスレス状態にならないためにも大事なのが
相手の事を異性として意識をするということです。

パートナーを家族としてしか見ていなかったり、
空気のような存在だと思ってしまってはいけません。

いつでもパートナーのことを男性として、女性として見ることが大事です。

・たまには二人きりでデートをする

長く一緒にいる夫婦の場合ですと、デートなんて長いあいだしていないと夫婦も多いでしょう。

同じ家に住んでいるからこそ
違う環境で二人きりで過ごすのは特別な意識を持てる行動ですよね。

恋人同士の頃に戻ったような行動をするという事は
初々しい気持ちを思い出すことができる大事な行動です。

いつも一緒にいるからこそ
待ち合わせをしてデートをしてみてはいかがでしょうか。

・同じ寝室で夜を過ごす

別々の寝室で眠るようになってしまっては
それだけセックスに誘うタイミングがなくなるというものです。

小さな子供がいるから仕方なく寝室を分けている夫婦もいるかとは思いますが、
出来るだけ同じ部屋で夜を過ごすように努力しましょう。

・スキンシップをとる

パートナーのことを異性としてみなくなればスキンシップだってしなくなってしまいますよね。

スキンシップ不足から愛情をなくしてしまったなんて話も聞きます。

女性としてふさわしい扱いをする。

男性が満足するような扱いをする。

これだけでもセックスレス問題には十分に効果があるはずです。

触れるというスキンシップが苦手だという人は
言葉でパートナーとスキンシップをとりましょう。

いつまでもパートナーのことを異性としてみる。

簡単なようで難しいことかもしれませんが
一生仲の良い夫婦でいるためには欠かせないことですよ。

パートナーのことを確かに愛しているのに
セックスをしたいとは思わない。

相手のことが嫌いなわけではないのに
セックスの誘いを断ってしまう。

この様な悩みを抱えている人は少なくはありません。

セックスに関する悩みは人それぞれが抱えているものです。

どうしてセックスをしてくないのかをキチンと知ることで
解決の道は開かれることでしょう。

☆セックスをしても気持ちよくない

セックスはお互いが気持ちよくなるための行為でもありますよね。

どちらか一方しか快感を得られないセックスしか出来ないのなら
セックスの対して消極的になってしまうのも仕方のないことでしょう。

セックスをすることに対して緊張をしていると
なかなか体に快感を伝わってきません。

気持ちをリラックスさせてからセックスするようにしていきましょう。

良い香りのするアロマキャンドルや、
自分の好きな音楽をかけると気持ちがリラックス出来ますよ。

☆パートナーに異性を感じない

長年いっしょにいる夫婦で陥りがちなのが
パートナーを異性として見れなくなるということです。

異性を感じない相手とはセックスをしたいとは思いませんよね。

パートナーに対して性別をアピールすることで
この問題は解決しましょう。

女性らしい言葉使いをする。

男性らしい頼れる行動をする。

セックスアピールのできる服装を着る。

上記のようなことを実行してパートナーに異性を意識してもらいましょう。

☆セックスの精神的苦痛を感じる

セックスをしなくてはいけないという気持ちが強いと
実際にはセックスを拒否してしまう自分を傷つけることにもなりかねません。

自分に対して強迫観念を与えてしまっては
精神的負担が大きくなり
いざセックスをしたとしても
次には繋がらなくなるでしょう。

セックスは心の余裕がなければ出来ない行為です。

仕事が忙しくて寝る時間もない。

家のことで頭がいっぱいなので
セックスのことを考えている暇もない。

こういった場合は無理にセックスの誘いを受けなくてもいいんです。

はっきり理由を告げてセックスの誘いを断りましょう。

ただセックスの誘いを断ったとしても
スキンシップや会話は怠らないようにしましょう。

スキンシップや会話が不足していると
いざお互いがセックスをしたいと思っていても
誘うのが難しくなってしまう可能性がありますよ。

パートナーのことを想っていても
セックスをしたいと思う気持ちが湧くかどうかは
その時の自分の精神状態に関わってきます。

いつでも心に余裕を持ち相手の誘いに乗れるよう努めましょう。

出産後の女性の体はセックスが出来るような状況にはありません。

体はもちろんのこと精神的にも
セックスがしたいと思う気持ちが薄れているからです。

一般的に1~2ヶ月後からセックスをしてもいいと言われていますが
体の準備が出来ていても心の準備はなかなか出来ていません。

出産をきっかけにセックスレスになる夫婦は
非常に多く存在しています。

産後セックスレスにならないためにも
正しい女性の体や気持ちに対する知識を持って行動しましょう。

☆セックスを無理に誘わない

赤ん坊がまだ小さいうちは生活のリズムが大きく変わります。

数時間ごとにミルクをあげなくてはいけないので
セックスをする時間があれば少しでも睡眠に使いたいと思ってしまうものなのです。

眠たいということはそれだけでセックスに集中が出来ない理由になります。

そんな時に無理にセックスの誘いをしても
お互いが気持ちよくなれるセックスは出来ないでしょう。

☆量より質

出産を経験した女性にだけ言えることではないのですが、
セックスをした回数よりも
セックスの内容に重点が置かれるようになります。

1度のセックスだとしても内容の濃いものだったら
それだけで満足が出来るのです。

男性として1度のセックスでは満足できないというのなら
女性に口での射精を手伝ってもらうのもいいでしょう。

お互いが満足しないと良いセックスとは言えません。

男性から女性への奉仕、女性から男性への奉仕。

この両方があってこそ二人が納得できるセックスが出来るのです。

☆スキンシップを大事にする

なれない育児を行っている女性は
男性が思っている以上に心も体も疲れきっています。

女性の体をいたわってこそ良いセックスにもつながります。

セックスを断られたからといって
スキンシップをとることまで放棄してはいけません。

スキンシップからセックスをする流れが出来ることだって
十分に考えられるのですから。

体をマッサージする、抱きしめて眠る。

どの様なスキンシップだとしても
優しく愛情を持って行うことが大事です。

セックスが出来なくても愛情に変わりがないということを
態度にして表しましょう。

☆育児に積極的に参加する

セックスレスを早く解消したいのなら
育児に積極的に参加するのがいいでしょう。

育児の負担が減れば体力的にも精神的にも
余裕が生まれてきます。

赤ん坊のことだけを考える生活から
赤ん坊とパートナーのことを同時に考えることが出来る生活を送ることができれば
セックスレスの解消も時間の問題ですね。

自分本位なセックスだけをしていませんか?

セックスは二人で行い二人が快感を得る行為です。

自分だけが気持ちよければいい。

いつも相手の言いなりななっている。

この様なセックスしかしていないカップルは
いずれセックス自体しなくなってしまうでしょう。

自分も相手も気持ち良くなれるセックス、
相手が望む行為をするセックスは
セックスをする上で忘れてはいけない事です。

男性が一方的に女性に奉仕をするセックスも、
女性が一方的に男性に奉仕をするセックスも本質は変わりません。

お互いが奉仕をして、お互いが奉仕を受けるのが理想的なセックスなのです。

いくら相手が望むセックスをしたほうがいいといっても
危険が及ぶ行為や
特殊な趣味にまで付き合う必要性はありません。

あくまで『お互いが気持ち良い』と思える行為をする事が大事なのですから。

◆スキンシップに時間をかける

長いあいだ連れ添っている夫婦ですとスキンシップが
おざなりになりがちですが
スキンシップは二人が気持ちの良いセックスをするためには欠かすことの出来ない行為です。

強く抱きしめる。

手をつないで語り合う。

見つめ合ってキスをする。

何をいまさらと、大事なスキンシップをないがしろにしては
いずれ遅かれ早かれセックスレス状態になってしまうことでしょう。

◆ムード作りを怠らない

セックスをする際、女性は特にムードを大事にします。

汚れたままのベットに連れてこられても
セックスをしたいという気持ちは湧いてきませんよね。

清潔な寝具はムード以前の問題のような気もしますが、
とにかく汚れたままのベットで気分が盛り上がらないことは事実です。

部屋の明かりを真っ暗にしてしまっても、部屋の明かりが全て付いている状態でも
ムードはあまり感じられません。

程よい暗さがセックスをする際にはちょうど良いと言われています。

全く見えない状態では視覚的に興奮しませんし
明かりが全てついていては恥じらいもなにもありませんよね。

ルームランプくらいの明かりをつけてムードのある部屋を演出するのは
最低限のマナーとも言えるでしょう。

◆たまには相手のいいなりになってみよう

セックスはお互いが同等の立場でするからこそ気持ちよくなれる行為ですが
たまには相手が望む行為をすべて受け入れるセックスをすることも大事ですよ。

いつもとは違う雰囲気のセックスをするという事は
マンネリを打破するのに大変効果のある行為です。

あまり無茶な要求に付き合う必要はありませんが
口でして欲しい、こういう言葉を言って欲しい等といった
可愛らしい要求には答えてあげましょう。

マンネリでワンパターンなセックスにお悩みの皆さん、
たまには普段と違う格好をして
パートナーにセックスアピールをしてみませんか?

長く一緒にいると、どうしても服装に気を使わなくなってしまいますよね。

たかが服装とは言いますが
そこからパートナーに対して異性を感じなくなるという可能性は非常に高いのです。

服装に対する気の緩みからセックスレス状態を生み出さないためにも
部屋着のままのセックスはもうやめて
セックスアピールの強い服装に着替えましょうよ!

☆勝負下着でセックスアピール!

勝負下着を身に付ければ口下手な女性でも
手軽にセックスの誘いが出来ますよね。

いつもは上下別々の下着なのに
今日は上下がちゃんとセットになった下着を身につけている。

これだけでも十分に効果があると思います。

キメキメの勝負下着は恥ずかしくて買えないという方なら
パートナーにちょっと高価な下着を送ってみてはいかがでしょうか?

自分用じゃなければ割りと照れずに下着を買うことが出来るはずです。

自分のための勝負下着が用意できない方は
ぜひパートナー用の勝負下着をプレゼントしてみてください。

☆一張羅でセックスアピール!

普段はゴムの服しか着ない男性がスーツでビシッと決めている。

ズボンしか履いたことのない女性がミニスカートに挑戦している。

たとえ肌の露出が少ないとしても
パートナーの普段見たことがない格好は大変強いセックスアピール効果があります。

部屋着は確かに楽チンですが
服装の緩みは気の緩みにもつながります。

たまには二人できちんとした服装をして
外出するのは
夫婦仲を保つのにもとっても良いことですよ。

☆コスプレでセックスアピール!

強烈な印象を与えたいのならコスプレにチャレンジしてみるという手もありますよ。

コスプレといっても何もアニメのキャラクターの衣装を着るだけが
コスプレではありません。

セーラー服や、メイド服、キャビンアテンダントの服が好きな男性も多いですよね。

男性なら執事の服装が人気が高いですね。

現実では絶対に着ることのできない服装をするからこそ
マンネリなセックスには効果大です!

コスプレ衣装もディスカウントショップなどに行けば
大変安く手に入れることが出来ます。

お遊び感覚でコスプレ衣装に手を出してみるのも面白いですよ。

いつも同じ空間にいる夫婦だからこそマンネリセックスになりがちです。

服装を変えるだけで相手の新しい魅力に気づくことだってあるでしょう。

マンネリセックスから抜け出したいのなら
お互いのちょっとした努力が必要ですよ。

あなたはパートナーとキスをしていますか?

付き合い始めの頃は毎日数え切れないほどしていたキス。

新婚当時は挨拶の代わりにしていたキス。

一緒にいる時間が長くなり、子供もいる。

気がついたらキスなんて久しくしていない、
その様な夫婦が実に多いんです。

たかがキスをしないくらいで夫婦の仲は変わらないと思っているかもしれませんが
キスすらしなくなってしまった夫婦が
いつまでも円満でいることが可能なのでしょうか?

少し疑問を持ってしまいますよね。

親愛をこめたキス、愛情を確認するためのキス、挨拶がわりのキス。

キスには色々な意味が込められているものです。

キスをしなくなってしまうということは
その程度のスキンシップしかしていないということですよね。

スキンシップが不足している夫婦は
熟年離婚の危険が非常に高いのです。

年齢を重ねてからの離婚は
若い年齢で離婚をするよりも
精神的なダメージが大きいと言われています。

長年愛し合っていると思っていたパートナーに離婚を突きつけられるだなんて
考えたくもない出来事ですよね。

熟年離婚を避けるためにも、穏やかな老後を送るためにも
パートナーとのキスを大事にしましょう。

◆スキンシップにはキスが効果的!

愛し合っている二人が触れ合いたいと思う感覚は
非常に健康的な考えです。

特に若いカップルであれば性欲も旺盛ですから
触れ合うだけでは満足できなくなりますよね。

スキンシップはセックスをする際には欠かすことの出来ない行為です。

スキンシップをおざなりにしているカップルの殆どが
セックスレス状態になっていると聞きます。

オデコや頬に軽く口づけをする。

唇を軽く重ね合わせる。

そして深く口づけを交わす。

キスにも段階があるのです。

いきなり深い口づけをしてもダメですし
いつまでたっても軽い口づけしかしてくれないのでは満足できませんよね。

長い時間をかけてキスの段階を上げていきましょう。

深い口づけの段階まで行けば
お互いにセックスがしたいという気持ちは最高潮まで上がっていることでしょう。

◆いつまでもキスが出来る関係でいるために

キスは口と口を重ね合わせる行為です。

パートナーの口臭などが気になってしまうと
パートナーに愛情があったとしてもキスしていと思えなくなってしまいますよね。

口臭はなかなか自分では気づかないものです。

口臭がキツイだなんてたとえパートナーであっても言いづらい事かとは思いますが
伝えてあげることも
愛情がないと出来ません。

パートナーといつまでもキスが出来る関係でいたいのなら
勇気を出して口臭について教えてあげましょう。

たとえセックスレス状態が続いていたとしても
セックスの誘いを無理強いすることは
セックスレスを解消するきっかけにはならないでしょう。

セックスの無理強いはむしろセックスレス状態を長引かせてしまう恐れがあるのです。

相手の気持ちを無視した行動は
セックスレス状態を長引かせるだけでなく
愛情を失うことにもつながる恐ろしい行動なのです。

セックスレスになってしまったのに必ず原因があるはずです。

原因の解明を怠り
欲望に任せて行動をしてしまえば
取り返しのつかない結果をもたらしてしまうかもしれません。

理性を強く持って二人でセックスレスになってしまった原因を突き止めていきましょう。

◆産後セックスレス状態が続いている

よく聞くのが出産がキッカケでセックスレスになったという夫婦の話です。

出産直後は身体的にセックスをしてはいけない状況にありますし、
気持ちの面でも生まれた子供のこと以外は考えられないでしょう。

これは女性の体から出ているホルモンが
男性に向かう女性ホルモンから、子供に向かう母性ホルモンに変わっているから起こってしまう
仕方のないことなのです。

生まれたばかりの子供は数時間おきに目覚めてはミルクを要求します。

なれない育児で母親が育児ストレスに負けてしまわないよう
体から母性ホルモンが出ているのです。

母性ホルモンが分泌されているあいだの女性は
性欲が極端に減っている状態です。

気持ちがどうしてもセックスに向かわないのですから
無理にセックスに誘うのではなく
女性ホルモンが出てくる時期を逃さないためにも
マッサージなどをして
肌に触れている時間を多く作りましょう。

◆寝室を分けて以来セックスレスが続いている

夜を一緒に過ごさない夫婦は
同じ寝室で寝ている夫婦に比べると非常に高い確率でセックスレスになっています。

子供が小さいから同じ寝室で寝れない。

起床時間が違うので寝室を別にした。

その家庭の事情によって寝室を別にした理由は様々かと思いますが
同じ布団で眠る習慣が全くなくなってしまえば
セックスレスになるのも時間の問題です。

毎日同じ寝室で眠らなくてもいいですが
たまに同じ寝室で夜を過ごす習慣をつけましょう。

◆パートナーを家族としてしか見ることが出来ない

大事なパートナーですから家族として見ることは悪いことではありません。

けれど家族である前に夫婦だということを忘れてはいけません。

男として、女として魅力を感じたから一緒になったはずです。

いつまでもパートナーのことを愛する異性だと
感じていなくてはいけませんよ。

身体が疲れている時にセックスをしたいと思わないのは当然の事です。

体力的な余裕がないのに
セックスという体力を使う行為は出来ませんよね。

身体の疲れが溜まっているので
セックスの拒否をしてしまうパートナーを責めてはいけません。

一緒に暮らしているパートナーだからこそ
身体の疲れを癒すのは
貴方の仕事でもあるんですよ。

◆仕事が忙しくて休む暇もない

サービス残業や休日出勤といった体に負担のかかる仕事をさせられている場合
身体の疲れは眠っただけではなかなか取れないことでしょう。

家族のために文句も言わずに働いているのに
家に帰っても誰も疲れを癒してくれない。

仕事で身体はもうヘトヘトなのに
パートナーからセックスアピールをされても
気分が盛り上がるどころか
むしろ疲れが溜まってしまうことかと思います。

パートナーが仕事で疲れているときは
その疲れをその日のうちに取ってしまうような工夫をしましょう。

・湯船に使って身体の疲れを取る

・好物の食事を用意して食欲を満たしてあげる

・家では仕事のことを忘れるように務める

思いやりのある行動がパートナーの仕事での疲れを癒してくれることでしょう。

相手の気持ちを無視したセックスアピールをするよりも
疲れを癒してあげようとする行動の方が
よっぽど強いセックスアピールになりますよ。

◆育児や家事に追われていて爆発寸前!

育児や家事を一人で背負い込んでいる人は少なくありません。

男性の育児休暇が広まっているとはいえ
まだまだ女性が家庭を守るのが一般的だと言われています。

慣れない育児や、終わりの見えない家事では
ストレスだってたまりますよね。

給料がもらえるわけでも、誰かから感謝の言葉を言われるでもない
家事で身体だけでなく心まで疲れきってしまう女性は少なくありません。

たとえ男性が外で仕事をしていたとしても
家事や育児は分担するべき仕事です。

「自分がやると余計な仕事が増えるから」

「何もしないのが自分の仕事だ!」

そんな事を言っていては女性はいつかあなたの元からいなくなってしまいますよ。

何も言わないで手伝いをしないのと
「何か手伝おうか?」と聞いて何もしないのとでは
全く意味が違います。

女性の負担を軽くしてあげようという気持ちがあるのなら、
まずは話を聞くのが大事ですよ。

もともと愛情がなくてセックスの拒否をしているのでないのなら
身体の疲れが取れれば
セックスレス状態を解消できる出来る事でしょう。

大事なのは相手の気持ちになってどの様に行動できるかですよ。

マンネリでワンパターンなセックスしかしていない夫婦は
いずれセックスそのものをしなくなってしまう可能性が非常に高いと言われています。

毎回同じ様な行為しかしないとなると
セックスがただ単に体に快感を与えるだけの行為になりかねないのです。

本来セックスは気持ちよさの他に楽しさも感じられる行為のはずなのに
マンネリなセックスからは楽しさを得ることは難しくなってくる事でしょう。

マンネリなセックスからの脱却を考えているのなら
ぜひ試してみてほしいことがあります。

とは言っても全て一人で出来る事ではありません。

マンネリセックスから抜け出すには
二人の力を合わせることが必要になってくるのです。

☆セックスをする場所を変える

一番手っ取り早く雰囲気を変えるのならば
場所を変えるのがオススメです。

ラブホテルや旅館などの宿泊施設を使うのでもいいですし、
金銭的な余裕がない場合は家の中でも普段セックスをしない場所を選んで行為に及べばいいんです。

いつもは寝室でしかセックスをしない夫婦が
リビングやキッチンを使ってセックスをすれば
それだけで興奮出来ますよね。

大事なのは普段とは違う環境でセックスをするという事なんです。

☆セックスの体位を変えてみる

毎回、毎回正常位でしかセックスをしないとなると
かなりセックスのパターンが決まっていますよね。

体位について二人で調べてみるのも
性的な興奮が増す重要な行動になります。

いつもはしない体位にチャレンジして
ワンパターンなセックスからの卒業を目指しましょう。

☆非日常的な服装を着てみよう!

最近は100円ショップなんかでも仮装用の衣装が手に入りますよね。

ディスカウントショップならコスプレ衣装が上から下まで揃える事が出来ます。

普通の生活を送っていれば着る機会のない

メイド服、巫女さんの衣装、警察やキャビンアテンダントの制服。

どれもマンネリセックスを打開するには効果がある衣装と言えるでしょう。

本気のコスプレ衣装を買うのが恥ずかしいといった場合は
チャイナ服などの比較的に普段でも着ることの出来る衣装を用意してみてはいかがでしょう。

☆二人でAVを見よう!

意外かと思われますがアダルトビデオには
夫婦のマンネリセックスを打開する効果があるんですよ。

あまり特殊なプレイをしているAVはお勧めできませんが
ノーマルなプレイをしているAVは二人で見るのに最適ですよ。

演技とは言え他人のセックスを見る機会なんてそうそうないですよね。

普段見ることのできない他人のセックスを見ることで
自分の中にこんなセックスがしたいという気持ちが生まれてくるんです。

マンネリなセックスは他のセックスの仕方を知らないから起きてしまうことです。

他人のセックスを参考にして
マンネリなセックスから抜け出してみましょう!